適度な日光浴と規則正しい生活

日光浴は適切に行うことで自律神経に良い働きが期待できると言われています。また、ビタミンDは太陽光にあたることで合成されますので適度に浴びることは健康面でも良い効果があります。つまり、一般的な健康面を考えても、適度な日光浴や規則正しい生活をおくるというのはとても重要なことですが、自律神経を整えるという意味でも同様に重要なポイントになります。

※日光浴にはデメリットもあります。日光浴(紫外線を浴びすぎる)をしすぎるというのは逆効果になるのであくまでも適度というのが大切です。その点は注意するようにして下さい。

適度に太陽光を浴びる

まず、日光浴が良いと言われる理由としてはセロトニン(脳内神経伝達物質)にあります。うつ病などで心療内科な等で治療する場合、抗うつ薬が出ることが多いですが基本的にはセロトニンに関連している薬です。簡単に言えばセロトニンの再取り込みを阻害することにより量を増加させ症状が改善されるため。そのセロトニンは、日光浴をすることにより活性化され、脳内のセロトニンが増えると言われています。つまり、セロトニンが減っていたせいでうつ気味になっていた状態などであればそれが改善しやすくなるというわけです。また、朝、太陽光を浴びることにより体内時計をリセット出来るので次に書く規則正しい生活にも繋がってきます。

規則正しいを送る

上で書きましたが、規則正しい生活をするというのは一般的な健康面にとっても良いことですが、自律神経にも同様に良い効果が期待できる基本的なことです。ただし、現代人は不規則な生活になりがちなのでこの部分を見直すだけでだいぶ改善してくることがあります。

まず、基礎的なことではありますが、なるべく昼夜逆転生活はやめて、朝起きて夜寝るという普通の生活体制を取ることが大事です。私達は、やはり太陽が出ているときに活動し沈んだら休むというのが本来のカタチではあるのです。それが崩れてくると、日光を浴びることが少なくなったりすると、どうしても自律神経も乱れがちになってしまうことが多いです。それはある意味自然なことなんだとも思います。本来の人間の生活とかけ離れているからです。もちろん、現代人の生活スタイルは色々なので難しい場合もあるのですが、せめて起きる時間を一定にしたり、少しでも朝型傾向の生活にするなどして、ある程度リズムを重視する生活を送った方が良いです。

また、規則正しい生活というのは食生活も含まれます。

参考ページ:食事関連

やはり朝食はしっかり食べ、その他も栄養バランスを考えて、毎日しっかりと食事はとった方が良いのは言うまでもありません。

メニュー 目次

牛乳風呂

腹式呼吸

適度な日光浴と規則正しい生活

首こりの治療

食事関連

TOPへ戻る

※ページは追加していく場合があります。


参考:

URL:http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-004.html (e-ヘルスネット・厚生労働省情報提供サイト)

関連サイト:

只今準備中です。Por favor espere un poco...※Please wait for a while while redecorating now ...