食事関連

自律神経を整えるために意識して摂取していた栄養素というか食べ物は特にないのですが、一般的に健康に良いとされるものは意識しています。その中で結果的に自律神経にも良さ気だというものはあったと思いますので、以下によく言われていることを中心に書いてみようと思います。

※上で書いたように自律神経を整えることを意識して食事を摂取したことはほとんどありませんが、鬱みたいな状態だった時に試しにセントジョーンズワートやひまわりの種などを摂取していたことはあります。ただ、セントジョーンズワートに関しては、うつ病の治療(SSRIなど)などをしている場合は注意が必要なので、サプリなどを検討している方はその点には気をつけて下さい。

バランスの良い食生活が基本

ビタミン・ミネラルは、十分に摂取することは意識したいです。また、朝食を抜くのは出来るだけやめるようにして下さい。適度な日光浴と規則正しい生活のページでも書いておりますが、バナナなどの果物、ヨーグルト、納豆など簡単な食べ物でも良いので「朝は食べる」を習慣にしましょう。乳酸菌や食物繊維、発酵食品、天然酵母などは腸にとっても良いからです。自律神経と腸は密接に関係しているので、腸内環境を整えたり、腸に刺激を与えることは意識しておきましょう。つまり、時間がない朝かもしれませんが、簡単なパン(シュガートーストなど)やコーヒーだけというよりも、なるべく上を意識した食べ物(特に乳酸菌や食物繊維)を摂ったほうが良いということが言えるかと思います。朝、時間がなくても手軽に摂取が可能だからです。

次に最初に書いたビタミン、ミネラルに戻りますが、バランスよく摂取することを意識した上で、特にビタミンB群(B1は中枢神経や末梢神経を正常に保つ働きをしたりする)やビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム(不足するとイライラしたり精神的に不安定になる場合があるとよく言われている)、マグネシウムも多めに摂りたいです。つまり、しっかりと普通の食事をしているのであればあまり不足せずほぼ摂れることが出来ますし、野菜やフルーツ、穀物、魚や豆乳、牛乳(人による)などを意識して食べると、より摂りやすいかと思われます。また、主食を玄米にしても良いかと思います。ちなみに豆乳はイソフラボンも摂れるのでおすすめです。

簡単にまとめると、やはり基本的なことになり、「栄養をたっぷりとりましょう」、ということになってしまいます。自律神経を整えることと直接関係なくても、健康面を考えると結果的に良いことになるので、バランス良い食生活は非常に大事かなと感じます。その上で、自律神経と関わりの深い、腸に関しても意識しておくとより良いかと思います。(腸内環境も整える)

ひまわりの種の写真

ひまわりの種について

上でも書きましたが、一時何かで見たのがきっかけでひまわりの種を調理して食べていたことがあります。

うつ傾向の症状や睡眠関連の障害などに効果があるのではなかろうかと言われていたからです。(トリプトファンが豊富に含まれるからか)

※摂り過ぎになると逆効果でよくないので、適度に摂取しましょう。

ちなみに、毎日ではありませんが適当に数ヶ月食べていたのですが個人的には特に効果は感じませんでした。ただ、そのとき色々調べたのですが、やはりトリプトファンという成分は不眠、鬱への何らかの効果や、または精神安定作用のようなものの効果が期待できるとよく言われているようです。

右の写真のものは、自然食品系のお店でよく売っています。インターネットショップでも手軽に購入できるのですが、私は近所のお店にて買っていました。そのときにおすすめの調理法なども教えてもらうと良いかと思います。

セントジョーンズワート

これはサプリメントで摂取していたことがあります。理由としては欧州(ドイツ)ではその抽出物がうつ病などの処置に使われている(治療薬として承認されているようです)ことを知ったからです。効果があるという研究も結構あります。そして、ドイツなどでは軽いうつであれば抗うつ薬のように使われているとのことだったので試してみたというわけです。

日本で試したい場合は、食品としてサプリメントなどで手軽に購入できます。ただ、上で書きましたように、既にうつ病の治療をしていて抗うつ薬を使用している場合はセントジョーンズワートの使用は止めるようにして下さい。作用が増強されるおそれがあるためです。詳しくは医師に相談するようにして下さい。

-補足情報-

ここでは食事関連について簡単に説明しましたが、上記は規則正しい生活があってこそのバランスの良い食生活ということは忘れないようにしましょう。その逆もまた然りです。つまり、規則正しい生活と食生活はセットと考えましょう。もちろん、バランスの良い食生活を送ることは健康面で良いことですが、生活がめちゃめちゃ(例えば、常時寝不足な生活や昼夜逆転で寝る時間、起きる時間がバラバラなどや、運動不足、常時ストレスがかかりまくっているなど含め)ではやはり健康面、ここでは自律神経にも良くないからです。

自律神経を整えるには総合的に考える必要はあるかと思います。その中の1つとしてここでは食事関連、栄養素関連を取り上げました。

メニュー 目次

牛乳風呂

腹式呼吸

適度な日光浴と規則正しい生活

首こりの治療

食事関連

TOPへ戻る

※ページは追加していく場合があります。


参考情報(腸内環境関連):

URL:http://www.cyonaisenjyo.com/ (腸内洗浄.com|腸をキレイにして健康に!)

栄養関連site:

準備中です。


只今、サイトリニューアル中です。見難いサイトとなっており、ご迷惑おかけしております。現在、簡易的な情報・デザインを表示しています。

Por favor espere un poco...

※Please wait for a while while redecorating now ..